FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
悲しい出来事
その日は、たまたまダンナの出勤がいつもより早かったため、
みっきぃの朝の散歩もいつもより少し早かった。

みっきぃは民家が途切れるまで、私が抱っこして連れて行く。
そして、いつもの「家がなくなる場所」でみっきぃを下ろした。

遠くから聞こえる救急車の音。

いつもは救急車の音になんて、全く反応しないみっきぃが、
私に「抱っこ」をせがんだ。

みっきぃはホントに怖い時、私に抱っこをせがむ。
でも、めったにない。

「どうしたの?」と抱っこして撫でる。
少しして、再び下に下ろす。

すぐまた、何故か必死に「抱っこ」をせがむ。
「珍しいね!どうした?」と、笑いながら再びみっきぃを抱き上げた。

ちょうどその時、私のすぐ後ろに救急車が停まった。

家が途切れる前の最後の家。

まだ若いご夫婦と、小学校低学年と幼稚園入学前の兄弟くんのきれいなお家。

子供達と私はよく話をするし、奥さんも飲み会で話して楽しい人。
ご主人も明るく挨拶してくれる、さわやかなイメージの人。

近所の奥さんも来て、「どうしたのかな?」と話した。

一番下の男の子が怪我しちゃったのかな?

・・・・・大丈夫かな・・・・・

しばらくして、何故かストレッチャーに乗せずに、
3人がかりで救急隊員が運んできた。

運ばれて来たのはご主人だった。

何だか一瞬、スローモーションのような時間が流れたように感じた。

どうしたのだろう・・・・・

後で聞いた話だけど、
ご主人はその時すでに亡くなっていた。まだ42歳。

前日の夜、会社から帰ってきて、
「頭が痛い」と言ったという。
頭痛持ちのご主人は、いつもの薬を飲んで眠った。

翌朝、奥さんはご主人のイビキを聞いた。
でも、いつもイビキをかいているので気にしなかった。

そして、いつもの時間に起こしに行った時、奥さんが見たのは、
冷たくなったご主人だった。

桜がキレイなこの時期に、あまりにも早い旅立ち。

DSCN2904.jpg


私は宗教的なことは分からない。
でも何で?せめてあと1週間・・・・・
寿命は決まっているの?だからダメなの?

今度の月曜日には、次男くんの幼稚園入園式が行われる。
楽しみにしていただろうな・・・・・

明日、お葬式に参加してきます。


にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ

コメントは承認後公開となりました。
よろしくお願い致しますm(_ _)m
プロフィール

みっきぃママ

Author:みっきぃママ
アラフォー主婦。
夫とみっきぃと娘と埼玉県で暮らしています。
海外旅行添乗員の仕事に体力的限界を感じ、
バイトなどをしています。
♪主人公紹介♪
名前・・みっきぃ
種類・・ミニチュアダックス
性別・・♂
色・・・クリームパイボールド
誕生日・2006年7月9日

訪問ありがとうm(_ _)m
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おすすめ写真館♪
リンクフリーです♪
里親募集

フリーエリア
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
RSSリンクの表示
フリーエリア
ランキング参加中♪
にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
いくつになったの?
お友達のブログ♪
アマゾンでお買い物~
お買い物~
リンク
RSSフィード
ブログ内検索